子どもに数を覚えさせる方法 数の勉強になる手遊び歌 5選

子どもに数を覚えさせる方法

先日、上の子の同級生(年少)のママ達とランチ会をしたのですが、お友達の中にまだ数を上手くかぞえられない子がいると分かりました。

その子のママさんによると「どうしても4を抜かしちゃうんだよねー」とのことです。

その方には、「エレベーターに乗った時に、階の表示を一緒に見ながら数えるといいよ」とアドバイスしましたが、

他にも、

・お風呂を出る前に一緒に数えたり

・数をかぞえる場面が出て来る絵本を読んであげたり

 例:『ノンタンぶらんこのせて (ノンタンあそぼうよ (1))

・数に関する手遊び歌

なんかもいいかなと思いました。

今回は、数の勉強になる手遊び歌を3つご紹介します。

a0001_017075

数に関する手遊び歌

※同じ手遊び歌でも、歌詞や振り付けにいろんなバージョンがあります。

はじまるよ

絵本の読み聞かせの前などによくやる手遊び歌です。

<歌詞>

はじまるよ はじまるよ

はじまるよったら はじまるよ

1と1で忍者だよ にん

2と2でカニさんだよ ちょきん

3と3でネコのひげ ニャー

4と4でタコの足 ひゅーん

5と5で手はおひざ

<ポイント>

振り付けは、両手ともその数を作り、にんじゃやカニなどのポーズを取る。

有名な手遊び歌なので、詳しくはyoutubeなどで動画を見てみてください。

ミッキーマウスマーチ

有名な「ミッキーマウスマーチ」(ぼくらのクラブのリーダーは~♪)の替え歌です。

<歌詞>

1と1を合わせると ピノキオのお鼻になるんだよ

2と2を合わせると ドナルドのお口になるんだよ

3と3を合わせると チップとデールのおひげだよ

4と4を合わせると ダンボのお耳になるんだよ

5と5を合わせると ミッキーマウス ミッキーマウス ミッキー ミッキーマウス

ディズニー よいこのドライブ・ミュージック

<ポイント>

振り付けは、両手ともその数を作り、「合わせると」でその手を打ち合わせます。

「~になるんだよ」、のところでキャラのパーツに見立てて自分の顔にくっつけます。

「ドナルドの口」のところでは、「それぞれピースをした両手を貝のように合わせて」パクパクと動かしてくちばしを表現します。

ピクニック

有名な「10人のインディアン」(One little, two little~)の替え歌です。

<歌詞>

1と5でタコ焼きたべて

2と5でやきそばたべて

3と5でケーキをたべて

4と5でカレーライスたべて

5と5でおにぎりつくってピクニック

<ポイント>

それぞれの手でその数字を作り、食べる真似やおにぎりを作る真似をします

ごまだんご

足し算が勉強できる手遊び歌です。

元ネタは「そばだんご」ですが、子どもに分かりやすい「ごまだんご」バージョンです。

<歌詞>

ごまだんご ごまだんご 1と4で ごまだんご

ごまだんご ごまだんご 2と3で ごまだんご

ごまだんご ごまだんご 3と2で ごまだんご

ごまだんご ごまだんご 4と1で ごまだんご

ごまだんご ごまだんご 5と5で ごままんじゅう

<ポイント>

唱えるように言います。

振り付けは、団子を丸める仕草の後で、右手と左手でそれぞれ足す数字を表現します。

「ごまだんご」のところは左手はグー、右手はパー(5)を出します。
最後の「まんじゅう」のところは両手をパーにします。

※数は「ひとつ、ふたつ、みっつ」などと言ってもいいです。

ごま団子 中華点心飲茶(30g×15個)ゴマ団子

英語の数え歌

英語で数をかぞえられるようにするには、Seven Stepsがおすすめです。

<歌詞>

One, two, three, four, five, six, seven. (Jump!)

One, two, three, four, five, six, seven.(Jump!)

One, two, three.

One, two, three.

One, two, three, four, five, six, seven. (Jump!)

<ポイント>

最初のone~sevenは手を叩きながら左から右に動かします。(頭の上を通って、大きく半円を描くように)

Jumpのところでジャンプします。大人が子どもの体を持って大きくジャンプさせてあげると喜びます。

次のone~sevenは手を叩きながら右から左に同様に動かします。

one~threeはまず右側で3回手を叩き、次のone~threeは左側で同様にします。