女の子のおしゃれでかわいい髪型2017 結婚式や発表会にも使える!

女の子の長い髪を結んであげるのって面倒ですが、凝り始めると楽しいものですよね。(デコ弁と似ていますね)
今回は幼稚園児~小学生くらいの年頃の、ミディアム~セミロングヘアの女の子ができるヘアアレンジをご紹介します。

華やかなアレンジが多いので、発表会や結婚式、入園式・卒園式、浴衣や七五三の時などの髪型としてもおすすめです。
大人っぽいスタイルも多いので、男の子のママさんも良かったら自分のヘアアレンジの参考にしていただければと思います。

結び目隠し



結び目にぐるぐると髪を巻き付けてゴムを隠しています。巻き付けた髪の先をゴムにひっかけて固定しますが、それだけだと上手く固定できない場合はピンを使います。
ピンで固定するのが苦手な方は、つけ毛がついたヘアゴムを使うと簡単です。


今だけ2点購入でさらにお得! DM便送料無料 楽天ランキング1位♪ ウィッグ フェイクヘアポニー ヘアゴム ヘアアクセサリー ヘアゴム smtb-kd ジュエルボックス jewelvox

100円ショップ(ダイソー)でも似たような商品を見かけたことがあります。フェイクポニーという商品名でした。

四つ編み

難しそうに思える四つ編みですが、毛束を4つに分け、「一番左から上→下と編み、次に一番右から下→上と編んでいく」その理論さえ分かれば、それほど難しくありません。
4つの毛束の量は均等にしてもいいですが、一つだけ量を減らすなど不均等にしても面白いアレンジになります。



後ろで四つ編みにし、編み目を引っ張りました。

くるりんぱアレンジ

人気のくるりんぱアレンジ。ご存じの方が多いかと思いますが、結んだゴムの上の髪に穴を開けて、上から毛先を通して引き抜くものです。うちでは専用の道具(ポニーアレンジスティック)を使ってやっています。引き抜く作業が楽になりますが、なくても全く問題ないです。

くるりんぱした後で髪を左右にぎゅっと引っ張って引き締めるのがポイントです。その後好みでほぐします。



くるりんぱを2回して作ったヘアです。1回目は耳の上の髪を取ってやっています。2回目は髪全体を結んでくるりんぱしています。

くるりんぱを3回(=3段)にしても可愛いと思います。



髪を2つに分けてくるりんぱしたヘアです。

お花アレンジ

三つ編みをくるくると丸めてピンで固定し、お花の形を作るアレンジです。三つ編みをほぐしてから丸めるのがポイントです。



これは両サイドに細い三つ編みを作り、真ん中で結んでいます。
真ん中にそれとは別の毛束で三つ編みを作り、それをお花にしています。

ハートアレンジ



髪の束でハートの形を作るアレンジです。髪を結んで下からゴムに通し、(くるりんぱを逆さまにやる感じ)通した毛束を2つに分けてねじり、ハートの形を作って下で結びます。
三つ編みでハートを作ることもあります。

編み込みアレンジ

編み込みは上品かつ華やかになるのでいいですよね。
先日読んだ小学校受験の本でも「編み込みは素敵なお嬢さんに映るおすすめヘアスタイル」と書いてありました

知っている方が多いと思いますが、編み込みはまず三つ編みをして、2回目から少しずつ左右で毛束を足しながら編んで行くものです。※編み足す毛束がなくなると、三つ編みにします。

上に重ねていく「表編み」と下に重ねていく「裏編み」があります。

片方だけ毛束を足す場合は「片編み込み」と呼ばれます。



全体を後ろで表編みしています。



2つに分けて表編み込みしました。これをさらに1つに結んでいる子もよく見かけます。



片編み込みで「編み込みカチューシャ」を作りました。



分け目と編み込みでハートの形を作るアレンジです。立体感を出すため裏編み込みです。



編んでいる毛束を1つ下に垂らす、「ウォーターフォール(捨て編み込み)」です。

編み方だけでなく、編み込む方向や結ぶ位置を変えるとすごくいろんなアレンジができます。



上と下のブロックに分け、それぞれ表編み込みしてサイドでまとめました。



後ろで一つに「編み目が斜めになるように」裏編み込みしています。

編み込み豆知識

<表編みと裏編みの違い>

表編みは編み目が中に入っていく感じ、裏編みは編み目が中から出てくる感じになります。表編みが基本で、裏編みだとより立体感がでます。

基本は馴染みがいい表編みで、裏編みは目立たせたい時に「敢えて使う」感じになります。

<外国での呼び方>

編みは英語でブレイドというのですが、海外では表編みはフレンチブレイド、裏編みはダッチブレイドと呼ばれます。

フィッシュボーン

フィッシュボーンは髪を2束に分けて、「束の端から少し髪を取り、もう一つの束に合流させる」を交互に繰り返す編み方です。仕上がりが魚の骨に似ていることからそう呼ばれているようです。フィッシュテールと呼ぶ人もいます。

きちっと編んでもいいし、その後髪を引き出してくずしてもいい感じです。



髪を2つに分けてフィッシュボーンにしました。



フィッシュボーンに編みを入れた、woven fishtailと呼ばれる髪型です。

私がやり方を学んだのはこの動画(Woven Fishtail Braid Hairstyle | Hair Tutorial)です。(英語の動画)

プルスルーブレイド

結ぶだけで編んだようになるアレンジです。いろんな作り方があるようですが、私がやっているのは「髪を結んだ束を上下に2つ作って、上の束を2つに分けて下の束を挟んで地の髪と一緒に結ぶ方法」です。

最後はほぐして編み目が「逆さまハート」のような形になるようにします。



髪を2つに分けてプルスルーブレイドにしました。



プルスルーブレイドは横向きに作ることもできます。左から毛束を2つ横に並べて作り、左の毛束を分けて右の毛束を挟んでいきます。

ロープ編み

ロープ編みは、2つの毛束をねじって合わせるだけです。両サイドやる場合は、片方をヘアクリップなどで仮どめしておいてからもう片方をやってください。



両サイドからねじってきて結んだものを2段作りました。

まとめ髪

まとめ髪は、最近の流行は「ギブソンタック」といって頭の下の方でまとめるのが人気みたいです。画家のギブソンさんが描いた女性たちの髪型に由来しているらしいです。



髪を一つにまとめて「くるりんぱ」した後三つ編みにし、三つ編み部分を丸めておだんごにしています(ピンで固定)。これも一応ギブソンタックです。
ギブソンタックはカチューシャなどに髪を入れ込むことでも作れます。



定番お団子です。「おだんごメーカー」という商品を使って固定とボリューム出しをしています。



2つお団子を作りました。この髪型でディズニーランドに連れて行きたい感じです。



「2つに分けて編み込み」を作り、三つ編み部分の髪を引き出して編み目を2倍くらいの大きさにします。編み込んだ2本を結んだらこの髪型になります。髪の先を隠すように適宜ピンで固定します。



2つに分けてフィッシュボーンを作り、それぞれ反対サイドに毛先を隠すように固定しています。

全体的なポイント

今風なヘアスタイルは、くるりんぱでも編み込みでも、「仕上げに編み目の髪をサイドから引き出して広げる」がポイントのようです。流行りのボヘミアンな感じを出すみたいですね

この作業やそうやって作った髪型を、海外ではpancake braid(パンケーキ ブレイド)と呼ぶみたいです。確かにパンケーキと似ているかも?面白い例えですね。

・いろんなテクニックを合わせるともっとアレンジが広がります。
くるりんぱを何段か作るのでも、一番上は三つ編みにしてくるりんぱにするなど手を加えるとさらに可愛いです。

・今回はシンプルなゴムだけで髪型を作っていますが、カチューシャやリボンなどの飾り、飾り付きのゴムをつけるともっとかわいいですよね。(リボンは髪に編み込んでも可愛い)

ゴムの飾りはコンチョ(=金属の飾りボタン)などが流行っているみたいです。イルビゾンテというイタリアブランドのものが特に人気です。

【 IL BISONTE * イルビゾンテ 】【 ヘアゴム ヘアアクセ ヘアアクセサリー 】イル ビゾンテ ヘアーゴム【 コンチョヘアゴム ヘアーゴム 54_1_ 5402300597 】〔メール便可能〕【 商品番号 IB-0-00597 】

・二つ結びなどの際は、分け目をギザギザにしても可愛いです。クシを右斜め下→左斜め下→右斜め下と交互に動かして作ります。

・浴衣を着た時などはつけ毛などを使ってボリュームアップしてもいいですね。輪っか状になっているもの(シュシュウィッグなどと呼ばれる)だと扱いやすいです。

プリシラ GVS-02 ガールズ カール 耐熱シュシュウィッグ・子供用 耐熱ダークブラウン

つけ毛は100円SHOPでも手に入ります。

ヘアアレンジに必要な道具、あると便利な道具

<必要な道具>

・全体をとかすブラシ

「タングルティーザー」という人気商品を使っています。フォルムも可愛いし、絡みにくくてとかしやすいです。


TANGLE TEEZER タングルティーザー ザ・オリジナル ピンクフィズ

・分け目をつける時のクシ(コーム)

折りたためるタイプのものを使っています。

・ヘアゴム

100円ショップで買ったシリコンゴムを使っています。目立たせたい時のカラフルな色のものと、隠したい時の透明・茶色・黒色とを使い分けています。

・スタイリング剤

髪を湿らせて扱いやすくするためマトメージュ まとめ髪アレンジウォーター 100mLを使っています。
匂いがきつくないので子どもにも使いやすいです。

霧吹きに水を入れてもいいと思います。

・ヘアスプレー

定番のケープ ナチュラル&キープ 無香料 180gを使っています。子どもは固まらないタイプのスプレーがいいと思います。

<あると便利>

・ヘアクリップ

・おだんごを作る道具

私は100円ショップ(キャン★ドゥ)で「おだんごメーカー」というものを買いました。

ドーナツ型の「おだんごベース」という商品もあるようです。
靴下を切って、それと似たドーナツ型のお団子道具を作ることもできます。そうやって作ったまとめ髪は「ソックバン」と呼ばれます。

・くるりんぱの道具

私が持っているのは「ポニーアレンジスティック」という商品です。今は私の持っているのから少しモデルチェンジして、輪にギザギザがついているようです。

自分は不器用と思う方へアドバイス

・不器用で難しいアレンジはできないと思う方は、「結び」と「三つ編み」と「くるりんぱ」を使っていろいろやってみてください。



結ぶだけでできる流行ヘアは、「たまねぎヘア」です。結んだ間の毛束を引っ張って膨らますだけです。
髪の毛の量が少なくてもボリュームが出せるので、2歳くらいのお子さんにもおすすめです。

<三つ編みのコツ>

三つ編みをする場合は、編み目の左右を引っ張ってルーズ感を出すと今風になります。

三つ編みの技術だけでもかなり凝ったアレンジができます。

例1)三つ編みを3つ作ってそれをまた三つ編みして一つにまとめる



上記のように、三つ編み3つを編んで作ったヘアです。

例2)一部の毛束を細く三つ編みする

<くるりんぱのコツ>

くるりんぱは、「どの場所でどの向きに、どの程度の毛束の量でやってもいい」ってくらい便利なアレンジだと思います。

例)前髪で横向きにやってもかわいい

髪の毛が短くてもできるので、ボブくらいの子にやってあげるのもおすすめです。ボブヘアの子が両サイドの耳より前の髪をくるりんぱすると顔周りがすっきりします。

編み込みのやり方がどうしても分からない方は、「三つ編みで土台を作り、編み目に後から毛束を入れ込む方法」を試してみてください。詳しいやり方は美容師さんが公開されている下記のYouTube動画でどうぞ。

【簡単】諦めていた編み込みが自分でできるやり方

・普段あまりアレンジされない方は、このブログ記事の説明では不親切すぎて分からないと思います。そういった場合は、YouTubeなどでやりたい髪型を検索してみてください。
たくさんの関連動画がアップされています。

上手い方のハウツー動画を見る際は、髪の束の持ち方や手の動きもそのまま真似するといいと思います。決まった髪の持ち方や手の動きが、複雑な髪型でも混乱せずにきれいに編めるコツだったりします。

子どものヘアアレンジをする際のコツ

・子どもはじっとしているのが苦手なので、凝った髪型はDVDなどを見せながらやるといいかもしれません。お子さんにスマホを持たせて暇つぶしさせながらやるママさんもいるようです。確かに、少しうつむいてもらった方がやりやすいかもです。

・編み込みやフィッシュボーンは毎回ぎゅっと締めながら編むのがコツですが、お子さんによっては痛がるかもです。
嫌がられる場合は結ぶだけとか、違うアレンジに挑戦してみてください。

・子どもはヘアピンを痛がるし、安全面を考えてもピンで固定するのは最小限にするといいかもしれません。(下に小さな子がいる場合は誤飲も心配です)

・ママにいろいろやってもらっていると、お子さんが自分もヘアアレンジをしてみたいって思うかもしれません。そんな時は、リカちゃん人形や、ヘアメイクアーティストのようなおもちゃを買ってあげてもいいかもです。

ヘアメイクアーティストはうちにもあります。ヘアアクセやウィッグなどの付属品が充実していて、一部は人間とも共用できます。

・子どもの髪はさらさらすぎて編みにくいし、今時のゆるい感じを出しにくいと思います。大人の髪でもアレンジするときは巻いてからやりますが、子どもの髪もちょっとウェーブをつけてからアレンジをやるといい感じになります。

髪を湿らせた状態で三つ編みするか、ねじっておだんごにしてしばらく時間を置き、「貧乏パーマ」を作ってからアレンジするのがおすすめです。

もしくは靴下を使ってカールを作ることもできます。(=ソックカール。ソックバンというお団子ヘアにするか、髪を巻き付けた靴下の端を結んでカールを作る)

幼稚園には三つ編みで行かせ、帰宅したらほどいてそのウェーブを利用したアレンジをして遊びに出るのもいいですね。アフターファイブに気合を入れなおすOLみたいで(笑)

・途中仮どめしたい時など、ヘアクリップを使う代わりに子どもに持っていてもらってもいいと思います。

・姉妹で同じ髪型にしたり、ママとお子さんで同じヘアにするのも素敵ですね。
姉妹でリンクヘアにする場合は、お姉ちゃんの方が髪が多いと思うので、一部編み込みにしたり、少し変えるといいと思います。
ママとお子さんで同じ髪型の場合は、後ろで一つに編み込みするなど、大人っぽいヘアスタイルがおすすめです。