忙しいママの為の時短ヘアメイクのコツ

幼稚園の送り迎えなどがあると朝は本当に忙しいので、できるだけ自分の身支度は時短したいですよね。

今回は私がやっているヘアメイクの時短について書きます。私はけっこうコスメ好きなので、人気商品やアイデア商品がけっこう含まれていると思います。安いアイテムばかりですが(笑)

この記事を読んで、何か参考になることが少しでもあれば幸いです。しかし、化粧品は合う合わないがあるので、敏感肌の方は慎重にお選びください。参考までに、私は少し乾燥肌寄りですが、肌は弱くありません。

●肌のお手入れは朝も夜もオールインワンジェルをさっと塗って終わりです。以前はべっぴんすっぴんこれいっぴん300gを愛用していましたが、今はアカラン エッセンシャルウォータージェル 50gを使っています。「べっぴんすっぴん」も良い商品なのですが、パッケージがいまいちおしゃれじゃないんです。その点アカランはすっきりしていていいです。

IMG_6543

●化粧下地はメイクを落とす時に楽になるように、資生堂フルメークウォッシャブルベース35gを使っています。
これは、重ねたメークをお湯で落とせるようになる化粧下地です。世界初の商品だそうです。口にも塗れるので、口紅も落とせるようになります。(私は一応クレンジングも使っています)

IMG_2221

化粧品のこういうアイデア商品ってあまり有名でないメーカーが作っているイメージですが、これは資生堂の商品です。顔の凹凸を補正したり、下地としての機能もちゃんとしています。

●ファンデーションはリキッドだと手間がかかるので、パウダーファンデ派です。ソフィーナのソフィーナ プリマヴィスタ くずれにくい 化粧のり実感パウダーファンデーションUV オークル03 レフィルをその前身レイシャスの時代から愛用しています。

日焼けを考慮して、夏と冬で色を一段階変えています。

●マスカラは、お湯で落とせるフィルムタイプにしています。メイベリン、デジャビュ、モテマスカラのどれかを買っています。

今はメイベリン ボリューム エクスプレス ラッシュセンセーショナル 01 ブラックです。マスカラと言えばメイベリン、メイベリンと言えばマスカラって感じですよね。

IMG_6649

これは新商品なので買ってみましたが、人気度で言えば今はモテマスカラ リペア Lo(ロング) 7gの方がおすすめかもしれません。

フィルムマスカラの先駆者であるデジャヴュ ファイバーウィッグ ウルトラロング1 ピュアブラックも昔から愛用しています。今はどのマスカラもよくできているので、どれを使ってもそんなに失敗がない感じですね。

マスカラは長持ちしない(乾いてきて使いづらくなる)ので、しょっちゅう買い替えた方がいいアイテムだと思います。なので安いのをローテーションしています。色もたまに茶色にしてみたりします。

まつ毛にはパーマをかけており、アイシャドウは普段は塗らないので、さっとマスカラを塗るだけでアイメイクは終了です。急いでいる時は、マスカラを下まつ毛には塗りません。それはそれで引き算メイクでアリかなと思っています。

●目元メイクをせず黒ぶちのメガネでごまかすこともあります。

眉毛は、一日落ちないというタイプのリキッドメリカ ワン・ブラッシュ アイブロウペンシルN キープ 2way ブラウン)で前日のお風呂あがりにあらかじめ描いてしまうこともあります。この商品にはペンシルもついています。ペンシル部分もなかなか描きやすいです。

IMG_9191

眉毛を朝描く場合は、パウダーで描くと時短、しかも今っぽくなるのでそうしています。最近のお気に入りはペンシルとパウダーとブラシが一体になったエクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウンです。

IMG_6651

眉毛は流行の分かりやすい部分なので、流行に遅れないように気をつけてます。今は少し太め、眉山低めでまっすぐ、眉尻は短めに描いています。色は髪より少し明るめを選んでいます。

●チークは以前はブラシが入っていて、底をくるくるまわして取り出すだけで使えるもの(マキアージュ トゥルーチーク)を使っていました。今は、発色が気に入ってキャンメイクのキャンメイク グロウフルールチークス02 アプリコットフルール 6.3gを使っています。キャンメイクはどれも安いのに優秀なアイテムが多くて以前からずっと愛用しています。

IMG_6648

●リップは、普段メイクでは色付きリップカネボウ(Kanebo) ケイト CCリップクリーム<オレンジ>を使っています(下の画像で上の商品)。

CCリップクリームは、今までの子ども向け色つきリップとは全然違って、とてもきれいに発色します。全色持っている人も多い、かなり評判の良い商品みたいです。安いですしね。ドラッグストアで400円程度、ネットなら送料込みで600円代で売られています。

CCって何?と思われるかもしれませんが、ざっくり言うと保湿やらUVカット機能やらがいろいろついているということです。

IMG_6586

リップグロスとルージュが一体になっているタイプも楽です。輪郭を気にせずささっと塗れます。今愛用しているのは、資生堂マキアージュの資生堂 マキアージュ エッセンスグラマラスルージュ NEO PK323です(画像下)。
資生堂はトップ企業だけあって色のセンスがいいので、「色物のメイクアイテム」は資生堂の製品から選ぶことが多いです。

●私はリップとチークは別々の物を使っていますが、リップにもチークにも使える商品を使って両方いっぺんにメイクしちゃうのもアリだと思います。スキンフード [韓国コスメ SKINFOOD] 生フルーツ リップ&チーク (1号:ザクロ) [海外直送品][並行輸入品]などがあります。持ち歩いて化粧直しする際にも便利ですよね。

●ヘアスタイリングには、ザ・プロダクト ヘアワックス 42gを使っています。

普通のワックスは付けた後に手が汚れるのが面倒ですが、これは手に残ったものをハンドクリームやリップクリーム代わりに塗っていいものなので、手の甲などにこすりつけておきます。

IMG_6557

ただし、スタイリング力はあまりありません。

子どものヘアをセットするついでに、子ども用のヘアフォームを使っちゃうこともあります。
知らないと損する!?育児グッズ12選』の記事で紹介している商品です。

●髪にかける時間が全くない時は帽子をかぶって誤魔化します。どんな服にも合うように、夏はベージュ、冬は黒のシンプルなハットを持っています。

●クレンジングは、サンタマルシェ ディープクレンジングを使っています。顔や手が濡れていても使えて、これだけでメイクが落とせて、洗顔料は使わなくていいのでとても楽です。

IMG_6579

成分も悪い物が入ってなくていいし、洗っている時はクレンジングというより美容液ジェルで洗っている感じです。ただ、目元の濃いメイクは落ちません。

以前は、花王ソフィーナ ボーテ 洗顔もできる泡メイク落とし(洗い流し専用)150ml [ヘルスケア&ケア用品]を使っていました。泡で出てくるので便利な商品です。ただ、やっぱり目元メイクはちゃんと落ちません。

●歯磨きは、歯ブラシをワイドな物に変えるとかなり時短になります。

エビス プレミアムケアハブラシ ワイド ふつう 3本組 (色おまかせ)

この歯ブラシを使ったらもう他の歯ブラシを使えないと言う人も多いです。

ちなみに管理人は矯正をしていた関係で口腔ケア商品にもちょっとうるさいのですが、フロスを使っている人はライオン DENT.EX ウルトラフロス S10をぜひ試してみてください。糸だけのタイプよりもかなり使いやすいです。

IMG_6656

おしゃれで時短になる!大人のカラコン

メイクに時間がかけられない時は、コンタクトをカラコンにします。アイラインやマスカラをしなくても大丈夫になります。私は元々視力が悪くコンタクトを入れているので、一石二鳥感があります。目が良い方には度なしもありますよ。

大人なのでわざとらしいカラコンは使いたくないという方も多いと思いますが、着色されている範囲が狭い(13mm前後)ものを選ぶと自然です。

大人でも使えるおすすめのカラコン3選

「自然で大人でも使えるカラコン」を探して私が辿りついたのはこれらです。

IMG_6585

※カラコンはしょっちゅうモデルチェンジするので、画像の私が持っている物とは現在ではパッケージ等変わっていると思います。

アーティラル
元はワンデーピュアナチュラルフレアという名前でした。
色はどれでもいいですが、ブラックが着色直径が一番狭い(12.8mm)ので私はそれを使っています。

ワンデーアキュビューディファインモイスト
信頼のブランドで目にも優しいです。どれも着色直径は他のカラコンに比べて狭いですので、どれを選んでも自然だと思います。
アクセントスタイル:12.5mm
ナチュラルシャイン:12.7mm
ヴィヴィッドスタイル:12.8mm

ネオサイトワンデー シエルUV
着色直径が13.6mmなのでこの中では一番カラコンっぽいですが、普通のカラコンよりは自然なので他のでカラコンに慣れたら挑戦してみてもいいかもしれません。私はシエルグリーンを使っています。緑なのに意外と馴染みます。

自分の目の色によって似合う色が違うので、いろんなレンズを試してみてください。
また、つけた瞬間は違和感があっても、見慣れると気に入ることもあります。これはダメとすぐに判断せず、何度か使ってみてもいいかもしれません。

時間がある時にやること

お出かけの時など、普段よりちょっと気合いを入れてメイクする時にやっていることをご紹介します。

●パウダーファンデを塗る前に、キャンメイクのコンシーラー(キャンメイクカラースティック02)を細い紅筆に取って、そばかすなどをひとつひとつ消します。キャンメイクは安いのに優秀なアイテムが多いです。

●眉毛は普段通り描いた後に、KATEの極細ペンシル(カネボウ ケイト KATE アイブロウペンシル N BR-4)でラインを整えると垢抜ける気がします。(特に眉毛の下のラインが大事な気がします)

IMG_6584

このペンシルを使って目の下に目尻から3分の1程度にラインを入れる時もあります。

●マスカラは時間がある時はコームで丁寧にとかします。ボリュームを出したい時は、マスカラをつけてコームでとかしてまたつけてを繰り返します。

●アイライナーは時間がある時だけ、上まぶたの内側から粘膜部分にインサイドラインを描いています。このインサイドライン、目の健康には良くないですが、自然に目を大きく見せるのでやめられません。

アイライナーは以前は名品と言われるボビイブラウンのジェルアイライナーをずっと使っていたのですが、もっと使いやすい物を探して迷走中です。今はお気入りがなくて、いろんな製品を渡り歩くジプシー状態です。黒も捨てがたいですが、茶色も意外と目力が出るので両色探しているところです。

●きちんとメイクの時はアイシャドウも使いますが、まだ秋色でいいのが見つかっていません。ルナソルあたりで探そうかなと思っています。一応今はコフレドールを使っています。

IMG_6647

●時間がある時は眉毛にさっとチークを乗せます。ふんわり可愛い印象になる気がします。

●すごく気合いを入れる時のメイクは、メイク直しで仕上げるようにしています。いったん薄めに仕上げてから時間を置き、もっと乗せるか、濃い目に仕上げてから不要な部分を取ります。2回目のメイクは場所や鏡を変える方が、いろんな角度や光の下でチェックできて良い気がします。