キッズデュオのサマースクールの詳細まとめ

キッズデュオのサマースクールについて

前回、キッズデュオという英語の学童保育について『英語の学童保育「キッズデュオ」について説明を聞いてきました』という記事を書きました。

今回はそこの夏休み中のプログラム、「サマースクール」についてまとめます。

近くにキッズデュオがなかったり通わせる予定がない方でも、サマースクールの内容についての話は、遊びのヒントになるかと思います。

良かったら<キッズデュオのサマースクールの内容>の項目だけでも読んでみてくださいね。

a0960_006821

そもそもサマースクールって何?

日本で言うサマースクールとは、夏休み期間だけ通える英語学習プログラムのことです。

いろんな英会話スクールやインターナショナルスクールがやっています。

外部生もサマースクールだけ通えることが多いようですが、外部生は基本的に内部生より料金が高くなります。

内容は、お勉強系のところもありますが、せっかくの夏休みなので特別な体験や遊びをさせてくれるところが多くなっています。

キッズデュオも普段よりも遊びの要素が強くなっています。

<キッズデュオのサマースクールの期間>

2016年のサマースクールは、7月19日(火)~9月3日(土)までの、基本的には平日です。
ただし、8月6日(土)~8月14日(日)の期間はお休みとなります。

2017年のサマースクールは、7月18日(火)~9月2日(土)までの、基本的には平日です。

ただし、8月9日(水)~8月15日(火)の期間はお休みとなります。

※教室によって多少実施期間が異なるようです。

参加する日と日数は自由に選べるので、好みのプログラムの日に参加できます。

うちの幼稚園はこの開催期間よりももっと遅くに休みに入り、もっと早く休みが終わるので、最初と最後の方の日程には参加できません。

また、他にも予定があるので、5日間コースを選びました。でも可能なら10日間コース位にした方がお得だと思います。

<キッズデュオのサマースクールの内容>

時間は9時半から13時半までです。

プログラムは全て英語で行われます。日ごとに、サイエンス、クッキング、外遊び、課外活動…などいろいろな要素を取り入れた活動を行います。

内容は教室によって多少違うようです。年によっても変わりますが、人気のものは毎年やるようです

具体的にはどんなことをやるのか抜粋してご紹介します。

☆のマークを付けているのは、前回人気だったらしいものです。ちなみに毎年人気NO.1は「流しそうめん」だそうですよ。

サイエンス

石鹸作り…オリジナルの石鹸作り

風船ロケット…風船を使ってロケットつくり

クッキング

かき氷…かき氷を作り、好きな味のシロップをかけて食べる

ポップコーンロリポップキャンディ…変わったキャンディを作って食べる

バナナスティック…バナナを料理して食べる

IMG_0369

アイスクリーム…アイスクリームを作って食べる

ケバブ…トルコ料理のケバブを作って食べる

タコス…メキシコ料理のタコスを作って食べる

生春巻き…好きな具材を入れて生春巻きを作る

クラフトアート

サンドアート…砂を使ってアート作品作り

IMG_0160

絞り染め…絞り染めの体験

帽子作り…オリジナルの帽子を作る(サマースクール中かぶってこれる)

風車…くるくる回る風車を作る

貝殻ジュエリー…貝殻を使ったアクセサリー作り

風鈴…風鈴作り

課外活動

スポーツデ―…スポーツ大会

遠足…近くの動物園などへのお出かけ

<注意事項の追記>
2016年は幼稚園児もバスに乗る遠足に参加できたのですが、2017年から小学生しかバスに乗る遠足には参加できないように社内規定が変わったそうです。

外遊び

☆スイカ割り…英語の指示でスイカ割り

☆水鉄砲ファイト…水鉄砲で遊ぶ

s-a0002_011420

フォニックス

宝探し…フォニックスを学びながら宝探し

ビンゴ大会…フォニックスを使ったビンゴゲーム

ビーチフラッグ…フォニックスを学びながらビーチフラッグゲーム

カルチャー

日本のお祭り…縁日ゲームなど。浴衣などを着て参加。

ハワイデー…ハワイについて学ぶ

☆流しそうめん…そうめん以外のものも流れて来る

ピニャータ…メキシコの文化。キャンディなどの入ったくす玉を割る

IMG_8177

その他

フリスビー・ゴルフ…フリスビーを作り、それを使ったゴルフを楽しむ

プラネタリウム…星や星座について学ぶ

<キッズデュオのサマースクールの料金>

基本は午前中(9時半~13時半)の4時間コースです。幼児も小学生も料金は同じです。
料金表は5日間コースからの案内になっていますが、1日だけでも参加可能と聞きました。(それがうちの教室だけの特別措置だったらすみません)

 5日間コース 内部生 18360円 外部生  32400円
10日間コース 内部生 32400円 外部生  43200円
15日間コース 内部生 48600円 外部生  64800円
20日間コース 内部生 64800円 外部生  86400円
25日間コース 内部生 81000円 外部生 108000円
30日間コース 内部生 97200円 外部生 129600円

※この他、外部生は入会セット(ファイル・帽子)の経費1404円がかかります。

thumbnail_IMG_3778

※昼食を頼むなら1食648円です。

※半日追加するなら内部生が1回4860円、外部生が6480円です。

※延長利用は幼児が30分648円、小学生が432円(内部生・外部生同一料金)です。

幼児は「午後の2時間コース」というのもありますが、サマースクール独自の体験は午前中にやるのであまりおすすめしません。

<持ち物>

・A4サイズのファイルが入るバッグ(リュックでもいい)
・上履きと上履き入れ
・水筒
・お弁当
・着替え

お弁当は注文できるシステムもあるのですが、特に食材にこだわったとかではない、普通のお弁当だそうです。

うちの子の行く教室のマネージャーさんはあまりおススメしておらず、利用者は毎日1~2名しかいないそうです。

私は暑い中手作り弁当を持ち運ぶリスクを考えると、注文した弁当の方がいいのではないかと思いますが、とりあえずは周りに倣ってお弁当を持たせてみます。

ちなみに持参した弁当を入れておく冷蔵庫などはないそうなので、保冷材必須です。

キッズデュオのサマースクールを検討中の方にアドバイス

・午前コースと午後コースがありますが、午前中のものがいわゆるサマースクールで、午後はレギュラーのクラスになっています。申し込み時に間違えないようにしてください。

レギュラーのクラスは専用バスによる送迎システムがありますが、サマースクールにはありません。無理なく送り迎えできる日程で申し込んでください。

・サマースクールの料金は内部生と外部生で全然違います。もし今後通う可能性があるなら、「〇月から通うという予約」をしておくと内部生料金が適用されるみたいです。「予約生」と呼ばれていました。
もしそれでやっぱり通わないことにした場合は、差額を支払うそうです。

・サマースクールを風邪や自己都合でお休みした場合、本来振替はできないそうなのですが、うちの教室ではやってくれるみたいです。
(本部に内緒でやっているのかもしれません)

もしやってくれない教室なら、風邪で全てお休みという事態を避けるために、離れた日程で取った方がいいかもしれませんね。

・お迎えが5分以上遅れた場合、延長料金が発生するそうなのでお気を付けください。

・施設長(マネージャー)によっては、サマースクール参加者に通常クラスへの勧誘をかけることがあります。

サマースクールの途中で「お子さんに関する面談をやります」などと言われたら身構えてください。

まあ、うちのように休み期間中だけ行く子も多いようなので、「普段は他の習い事との両立が難しい」などと言えば簡単に断れると思います。