東京都内から近い屋内ゲレンデ!2022年狭山スキー場レポ

科学館・水族館・その他遊び場

冬休みに狭山スキー場に行ってきました。

狭山スキー場は埼玉県所沢市にあって都内からもアクセスしやすい「屋内ゲレンデ」です。子ども向けの雪遊び場もあって家族で楽しめるスポットです。

狭山スキー場ではどんな遊びができる?

狭山スキー場ではスキー・スノーボードが楽しめます。※スキーとスノボで分かれてはいません。

狭山スキー場の広さは全長 300m・幅 30m・斜度 最大15度、平均7度。

ゲレンデの上の方に行くためには、リフトではなくスノーエスカレーターを使います。

スノーエスカレーターは段差がなくフラットなタイプなので乗りやすいです。

降りる時は初心者向きの中腹、もしくは中級者~向きの頂上で降りることができます。

ゲレンデ向かって左側には子どもの遊び場「スノーパーク」があり、そりやふわふわ遊具遊びもできます。

また、楽しい子ども向けイベントもやっています。

狭山スキー場へのアクセス

埼玉県所沢市上山口2167

西武池袋線『西武球場前駅』下車徒歩約3分

駅から降りて駅を背にまっすぐ歩けばすぐに入り口があります。

駐車場あり

狭山スキー場の営業時間

通常営業(10:00~21:00)です。日によっては短縮営業(10:00~18:00)になっています。

訪問前に公式サイトの営業時間の案内をチェックしてください。

毎週金・土はオールナイト営業(22:00~翌6:00)をやっています。

狭山スキー場の料金

こどもチケット(3歳~小学生)1,000円

ワンデーチケット(中学生以上)4,000円

観覧入場チケット(滑らない人用の入場チケット。雪遊びエリアの利用はOK)1,000円

この他、日にちや時間帯などによりいろいろな料金設定があります。詳しくは公式サイトでご覧ください。

混雑する日に行く場合は、アソビュー!で事前にチケットを買っておくとスムーズに入場できます。現地についてからアソビューで買っても大丈夫です。

狭山スキー場のチケット料金割引について

西武プリンスクラブカードを持っていると大人の一部チケットのみ150円~200円割引になります。プリンスクラブ割引は当日窓口購入のみで、チケットの事前購入はできないのでご注意ください。

狭山スキー場のスキー教室

うちの子たちは初心者だったので、狭山スキー場でやっているスキー教室に参加させました。

子ども6人に1人コーチがつき、ストックの持ち方やスキー板の装着方法などから親切に教えてくれました。

グループレッスンは1時間半で3,800円でした。1回のレッスンの成果としては、傾斜の緩やかなところで真っすぐ滑り降りるだけならできるようになりました。

スキースクールの予約は狭山スキースクール(04) 2922-6466までどうぞ。

冬休み中はけっこう人気みたいで、1週間先の予約しか取れませんでした。

狭山スキー場のスノーパークエリアについて

スノーパークエリアにはそり遊びができるコーナー、ふわふわ大型遊具2種などがあります。

その他このエリアには小さな滑り台やおもちゃの家、雪でビンゴを狙うストラックアウト、ブロック、雪だま製造機やスコップやふるいなどの雪遊びおもちゃがあります。

このエリアの入り口で子ども用長靴の無料貸し出しあります。サイズは13から19センチです。

スノーパークエリアで行われるイベント

スノーパークエリアでは時間によって雪合戦、雪まき体験、泡マシン降雪タイム、雪上車と記念撮影などのイベントをやっています。

雪合戦が一番人気のイベントっぽいです。用意された雪玉を使い、敵=スタッフさんに投げます。参加には整理券が必要なのでご注意ください。開始前にこのエリアで募集がかかります。

狭山スキー場に関するQ&A

ウェアや道具はレンタルはできる?

スキー・スノーボード・ウェアのレンタルがあります。子どもから大人サイズまであり、ウェアは子どもが90~150cm 、大人がSS~5Lとサイズ豊富です。

料金は「ウェア付きスキーセット」(スキー板・ストック・ウエア・ブーツ)で4,500円です。
ウェアを持参するなら「スキーセット」(スキー板・ストック・ブーツ)で3,400円です。
大人用も子ども用も同一料金です。

色々な物が単品でも借りられます。詳しくは狭山スキー場レンタルについてのページをご覧ください。

現在は感染症拡大予防のため、手袋の貸出しはありません。自分のを持って行ってください。手袋の販売はあります。

ストックはレンタルブースで渡されるのではなくゲレンデに出てから自分の身長に合ったものをピックするのでご注意ください。

中で食べ物販売はある?

ゲレンデ内にはキッチンカーが3台泊まっており、カレーやステーキプレート、ラーメンなどが販売されています。

クレープやチュロス、マフィンなどのおやつも売っています。

我が家はお昼がラーメンとカレー、おやつはチュロスにしました。

ラーメンはあまりボリュームがないのに900円、カレーは1000円でしたが、ゲレンデ価格なので仕方ないと思います。

食べ物の持ち込みはできる?

可能です。ゲレンデ内の飲食スペースで食べることができます。

でもラーメンや唐揚げなどを買っている人が多くて、あまり持ち込んでいる人は見かけませんでした。

ゲレンデ内は寒い?

外気温より4~5度低いくらいです。普通に寒いけど、すごーく寒くはないです。

持ち物は何が必要?

(道具やウェアをレンタルするなら)持ち物はお金、防水手袋、ニット帽、着替え(下着や靴下)などがあればOKです。

外のゲレンデほど重装備でなくても大丈夫なので、ゴーグルはなくて大丈夫です。

ニット帽もかぶっていない人がけっこういましたが、頭を守るためにあった方がおすすめです。子どもはレンタルの場所でヘルメットを借りることもできるので、帽子の代わりにヘルメットをかぶるという選択肢もあります。

帽子などは販売もしています。

更衣室はどこにある?

コインロッカーの前のところにあります。入場前に着替える場所はないのでご注意ください。

狭山スキー場は初心者向き?

狭山スキー場は以下の点で初心者におすすめです。

・屋内なので天気に左右されない

・アクセスが良くてレンタルが充実しているので気軽に行ける

・初心者向けのスクールがある

・リフトではなくエスカレーターを使うのでこわくない

・子ども向け遊び場もありファミリーに人気

実際初心者っぽい人をたくさん見かけました。

ただ、狭山スキー場は狭くて中級以上の人とコースが分かれていないので初心者には滑り辛いと思う人がいるかもしれません。

感想

狭山スキー場は気軽に行けて子どもの雪遊びなどもできる楽しいスポットでした。

道具やウェアをレンタルするとお金はそれなりにかかりますが、子どもたちにとってとても楽しい思い出になるのではないでしょうか。

小さな子は「スノーパークエリア」だけでも十分楽しめると思います。その場合はウェアをレンタルせず着替えを持って行けば経費が1人当たり入場料金1,000円だけなので気軽に楽しめますね。

車が好きな子は「雪上車と記念撮影」のイベント時間に雪上車に乗せてあげると喜ぶと思います。

1点注意して欲しいのがスノーパークエリアは雪が固まっていてとても滑りやすくなってました。

大人も滑って転んでたので足元には十分お気を付けください。