私たち夫婦が「勉強ができる?」理由

タイトルが偉そうですみません。興味を持って記事を読んでもらえるように、強気なタイトルをつけてしまいました(汗)

ちなみにこのブログのタイトルに「東大卒~」とありますが、他の記事でも書いているように東大卒なのは夫だけです。
東大卒夫婦の話を読みたかった方には申し訳ないです。

でも一応妻である私の方も地元では「よく勉強を頑張ったんだね」と言われる大学を出ていますので、少しは参考になるのではと思います。

夫のプロフィール

都会育ち。中学受験で中高一貫校に合格→現役で東大合格。

夫が勉強ができる理由(推測も含む)

・母親は大学を出ていないが、パズルを趣味とするなど、理数系への関心が高い。いろいろと試行錯誤・工夫するのが好き。

例えば、何かが壊れると自分で直そうとします。新しい物も自分で作り出そうとします。
以前うちの折り紙作品をお姑さんが気に入った際に、折り方を教えようとしたら、「自分で考えるから、できた作品を一枚ちょうだい」と言われたこともあります。

・母親が夫の幼少期から文字や数など、知的なことに関心を持つように上手く誘導していた。

今、孫に対する声かけを見ていて思います。1歳児のおやつにりんごを与えるのでも「どっちが大きいかな?」など自然に聞いています。

s-a0006_001870

・母親がきちんとしつけをしていた。

夫の母は甘いジュースを与えない、ゲームの時間を守る、一度ダメと言ったら絶対折れない、など信念を持って子育てしており、親子関係に良い意味で緊張感があったと思われます。

・父親が有名大学を出ている。ただし、父親は子育てにはあまり関わっていない。

本人は遺伝については否定しますが、少しは関係があると妻の私は思います。

・小さな頃から与えられていたおもちゃは積み木や紙とペンなど、シンプルなものだった。自分で工夫して遊んでいた。

a0001_017075

積み木で坂を作り、角度を変えてビー玉を転がすなど実験的な遊びをしていたようです。

・幼少期から勉強をゲーム感覚で捉える傾向があった。

夏休みの宿題など、ゲーム感覚で「できるだけ早く」終わらせていたそうです。妻の私は8月31日に泣きながらやっていたタイプです。

・都会育ちなので、近くの幼稚園・学校が良い学校だった。

特に家柄が良いわけではありませんが、都会の良い住宅地に生まれたので、環境が良かったようです。

・中学受験で良い学校に入ったため、勉強のできる友達に恵まれた。

ここで完全にエリートコースに乗ったと思います。精鋭ぞろいの中で、切磋琢磨し、その中でも抜きん出て勉強のできる子は素直に尊敬されていたそうです。
嫉妬されたり「ガリ勉」と馬鹿にされないのが素晴らしいです。

・集中力がある。

この集中力で、高3から成績を伸ばし、東大の合格圏に入ったそうです。今でも集中している時に話しかけると、その時の会話を覚えていません。

・恋愛、ファッションに無関心

当時は恋愛やファッションに無関心だったので、そっちにエネルギーを取られなかったようです。

私のプロフィール

田舎育ち。公立高校→現役でそれなりの大学。

私の勉強ができる理由

・父親は大学を出ていないが、知的なことに関心の高い人である。

TVはNHKのニュースしか観ません。新聞は必ず2回読みます。分からないことはすぐ辞書で調べます。

・母親は本を全く読まないなど、知的なことに関心がないが、小さい子どもが大好きである。

一人っ子だったこともあり、幼少期は親がずっとかまってくれたそうです。
(ずっと抱っこしたままでほとんど下に置かなかったくらいと聞いています)

多分このおかげで、小さい頃から言葉などの発達が早かったようですし、大好きな母親を喜ばせたいと勉強をがんばるようになりました。

しつけにも甘い母親でしたが、私は母の信用を裏切れないので悪いことはしませんでした。

a0006_001002

・一人っ子だったので、大人の中で育った。

大人同士の会話を聞いて育ったので、ちょっと背伸びした物事に関心を持ち、小さい頃から難しい言い回しを使っていたそうです。
統計的にも一人っ子の学力は高いそうですね。その理由は、大人の中で育つだけでなく、親のお金を1人に投資できるという理由もあると思いますが。

・全く「勉強しろ」と言われなかった。

母は自分が勉強に関心がなく、父は「小さい子に勉強をさせるものではない」という考えの人だったので、一度も勉強しろとは言われませんでした。

そのため、私は基本的には成長の早い子どもだったのですが、親が教えていないことができず、友達より遅れている部分もありました。
3歳児健診で「前と後ろ」が分からなかったり、小学校でみんなが読めるアナログ時計が読めなかったなどのエピソードがいろいろあります。

しかし、そのおかげで勉強に関するわだかまりや反発心を一度も持つことなく成長できました。

・小学校1年生位の時にいとこに誘われてそろばんを始めました。なので、九九はそろばんのおかげで友達より先に覚えていました。また、計算も早くなりました。

・レベルの低い中学・高校に通っていたので、優等生として先生に目をかけられていた

私が進学した近所の公立中学は先輩がガラスを割るようなところだったので、熱心な親は子どもを中学受験で私立へ逃がしていました。
残ったのは勉強に関心のない家庭の子ばかりで、私はその中で何もしなくてもトップクラスの成績が取れました。

先生も目をかけてくれるので、その期待に応えなくてはいけないと思って真面目にやっていました。「鶏口牛後」(大きな組織の末端より、小さいところでもトップを取るのがいい)で上手く行った例だと思います。

a1180_012521

・地頭は良くないので思考力はないが、元々記憶力は良い。

深く考える問題などは苦手なのですが、記憶力は良く、一夜漬けが得意でした。社会などは暗記のために単語カードを作っていたのですが、カードを作る作業だけで覚えていたので、実際にはほとんどカードをめくりませんでした。

英語の勉強は文法を理解するのが面倒で教科書の文章をそのまま覚えてたのですが、それが英文の型を身につけるのに役立ったようで、英語の成績は特に良かったです。

・スポーツができない。芸術の才能もない。

勉強以外の取り柄がなかったので、何かに打ち込んだりすることがなく、そっちにエネルギーが取られませんでした。
私は読書も好きな方ですが、それはインドア派で無趣味なので他に自宅ですることがなかったせいでもあります。

まとめ

こうやってみると夫と私の育ち方は結構対照的ですね。

良い遺伝子が良い環境で磨かれた結果、東大を出た夫と、
井の中の蛙としてぬくぬく育ち、それなりの大学を出た私

という感じです。