「君も博士になれる展」 に行ってきた感想

科学館・水族館・その他遊び場

テレビ朝日メディアセンターでやっている「君も博士になれる展」empowered by 博士ちゃん、に先日子どもたちと行ってきました!
2021/10/2(土)~2022/5/8(日)までの期間限定イベントです。

「君も博士になれる展」ってどんなイベント?

テレビ朝日で放映中の人気番組「博士ちゃん」にインスパイアされた展示イベントです。展示を見たり体験したりしながら会場内に散りばめられた「ハテナカード」を集めて楽しみます。

『博士ちゃん』って何?

大人顔負けの知識を身につけた子どもの博士が講義をしてくれる番組。出演はサンドウィッチマン、芦田愛菜さん。毎週土曜日18:56 よりテレビ朝日系列にて放送中。

「君も博士になれる展」会場へのアクセス

テレビ朝日若葉台メディアセンター
京王相模原線 若葉台駅北口より314m

会場に駐車場はある?

駐車場はありませんが、近くの「コーチャンフォー」(駅から見ると会場の奥にある)で展覧会チケットを提示すると、専用駐車場を4時間利用可能らしいです。コーチャンフォーは本や文具などを売ってる複合店で子ども向けコーナーも充実しているので、駐車場目的でなくてもはしごすると楽しいと思います。

「君も博士になれる展」開催時間

平日10:00-17:00
土日祝9:00-18:00
※最終入場は閉館時間の1時間前

<休館日>
月曜(祝祭日除く)、年末年始(12/30-1/2)

「君も博士になれる展」のチケット料金

大人平日¥1,800、土日祝¥2,000

子ども平日¥1,200、土日祝¥1,400

※当日券はプラス100円
※リピーター割引、シニア割引あり
※チラシを持っていくと200円割引

「君も博士になれる展」展示内容

まずは材料をもらってノート(バインダー式)を作ります。好きなページを選んだり、紐の色を選んだり、表紙にスタンプを押すなどしてオリジナルなものにできます。

体内探検

ここは靴を脱いで体験します。

巨大な体内を探検するアトラクションです。大きな口から入って人体の中を歩き回りながら、人間のカラダの不思議や仕組みを学びます。

中にあるボールプールコーナーは「透明な管にボールを入れて脳に刺激を送ると胃液ボールが降ってくる」という設定になっています。

中にある心臓オブジェは、装置に手を置くと自分の心拍と同期して動くのが面白いです。

博士ちゃんのコーナー

これまで番組に登場した博士ちゃんたちの一部の研究発表コーナーです。個性があって面白いです。お子さんに見せると自由研究の参考になるかもしれません。

スローハント

スローロリスに自分自身がなったつもりで、ゆっくりデジタルの虫に近付いて捕まえて遊ぶデジタルアトラクションです。けっこう難しいです。

絶滅動物の墓場

スマホでQRコードを読み込むと、絶滅した古代動物がARで現れます。大きいので迫力があって面白かったです。一緒に写真撮影などして楽しんでください。

やりすぎ求愛ダンス

デジタル画面の前でダチョウ、ピーコックスパイダー、コウロコフウチョウになりきって、それぞれの求愛行動を真似たダンスをします。上手くダンスができたら求愛成功です。

博士ちゃんカルテット

葉加瀬太郎さんと3人の博士ちゃんによる楽器演奏の映像が楽しめるコーナーです。

常に映像が流れているわけでないので、タイミングを合わせて行ってみて下さい。次の開始時間まで何分かは画面に書いてあります。

サウンドビジュアライザー

声や音に反応する装置です。カスタネットや鈴などの楽器も用意してあるので、マイクに向かって音を出すと楽しいです。

巨大ビートシーケンサー

部屋の中にある人やモノの位置情報によって音や光が変化するコーナーです。

フロアの上で好きに動いたり、フロアに散らばった積み木を動かすと自分だけの音楽を作る事ができます。

ふし木ちし木

来場者が「みんなに教えたいこと」と「不思議だと思ったこと」を貼っていくコーナーです。疑問の下に、他の人が考えた答えが貼ってあることもあります。

中心にはサンドウィッチマンの直筆メッセージもあるのでぜひ現地で読んでみてください。

お土産コーナー

展覧会オリジナルグッズ、科学系の本、ドラえもんグッズなどがあります。

「君も博士になれる展」の感想

中は倉庫みたいな感じでそんなに広くはないですが、スローハントのコーナーなどよい感じに起伏が作ってあるので、場内を動き回るとそこそこ運動になるので良かったです。

やりすぎ求愛ダンスも体を動かすのでコロナ禍で運動不足の体におすすめです。ピーコックスパイダーのはお尻をふりふりするので、小さい子にやらせると可愛いと思います。

子どもたちが気に入っていた遊びはカード集めです。裏には科学的な疑問や知識が書いてあります。

カードは人体のシールになってるものもありました。帰ってからも裏面を読んだり、シールを貼ったりして楽しめました。

私が個人的に楽しかったのは巨大ビートシーケンサーです。ディスコに行っているみたいな気分になれました。

コロナ禍ではありますが平日はかなり空いているのでよかったら皆さんも行ってみてください。