子連れで行く!立川のグリーンスプリングスの口コミ・ガイド

オープンしたばかりの商業施設、グリーンスプリングスに行ってきました。都心部からはやや離れますが、遠方から出かける友人も多いです。我が家も先日行ってきたのでレポートします!

グリーンスプリングスには何があるの?

・子どもも楽しめるユニークな美術館とその系列の遊び場

・恐竜ショーなども行われる多機能ホール

・水遊び場

・おしゃれなレストラン

などです。

類似施設との違いは、美術館や遊び場、ショップなどでアートに触れ合えるところです。
アート好きの方はぜひ一度足を運んでみてください。

グリーンスプリングスへのアクセス

電車ならJR立川駅北口からモノレールの駅の方へ行き、伊勢丹を右手に見ながら脇の通路を進みます。階段を降りて少し進むと映画館が見えます、そのすぐ先です。
1階に駐車場があるので車で行くのもおすすめです。

グリーンスプリングス施設の紹介

<営業時間>

美術館や室内遊技場は10時~18時

ショップが10時~20時

レストラン&カフェは11時~23時

水遊び(カスケード)

大人気の水遊びスポット、水の流れる階段です。写真で見るより階段はかなり長く、上から下まで行くとかなり疲れます。段差自体は低くて傾斜は緩やかです。

遊ぶ時の服装は、水着でも普段着でも大丈夫です。派手に遊ぶなら全身の着替えは必須です。靴は水遊びサンダルを履いてる子もいますが、裸足で問題ないです。
ところどころにベンチがあり、親はベンチで休みながら子どもを見られます。日傘があると安心です。

PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)

小さい子も楽しめる美術館です。有名な絵本作家の世界を紹介する常設展と、五感を使って楽しめる企画展の2本立てです。

館内は全て撮影自由なので、カメラが好きな大人にもおすすめです。

2020年8月現在常設展のテーマは「エリック・カール 遊ぶための本」で、企画展のテーマは「tupera tuperaのかおてん.」です。

説明の必要はないかと思いますが、エリック・カールは『はらぺこあおむし』などで有名なアメリカ人絵本作家です。tupera tuperaは『かおノート』などで有名なユニットです。

混雑日に行く場合は、ファストパスチケットを買っていくことをおすすめします。(公式サイトのこちらから購入できます)
ファストパスは単に日付指定券なので、料金は同じです。(大人1,500円、大学生1,000円、高校生800円、小・中学生500円、未就学児無料)

現在企画展のテーマが顔なので、受付で顔のパーツシールと紙製の虫眼鏡の枠のようなものをもらって入場しました。顔のパーツシールはバンソーコーの素材で顔に貼っても安心らしいです。虫眼鏡の枠は顔を探して遊ぶための小道具です。

中はそんなに広くないですが、入り組んだ構造で行ったり来たりして楽しめます。

顔の展示は大きなパーツを使って大きな顔を作るコーナーが面白かったです。

エリックカールの展示は原画に感動しました。

また、絵の描き方の説明映像が面白かったです。ティッシュに色を塗って、それを貼り付けて(コラージュして)いたんですね。

併設の売店には、はらぺこあおむしなどのグッズがたくさんで、ファンにはたまらないと思いました。

併設のカフェでは展覧会に関連した食べ物が楽しめます。とても可愛いけどやや高いです。

<利用時の注意事項>

・入場時にもらうシールを貼っていれば再入場可能です。

・ロッカーあり。4桁の暗証番号を登録するタイプです。

・プレイパークのチケット提示で入場料割引あり(200円引き)

PLAY! PARK(プレイパーク)

ミュージアムと同じ系列の室内遊技場です。靴を脱いで利用します。

メインは床がふわふわで巨大なお皿の形をした遊び場です。転がってる白い風船と戯れたり、うちわで風船を打ったり、思いっきり体を動かして遊べるスペースです。

グランドピアノを自由に演奏できたり、世界の色々な楽器に触れたりできるコーナーもあります。

世界の調理道具で遊ぶコーナーは、小さいお子さんに大人気でした。

絵の具でお絵描きできるコーナーではスモックの貸し出しあり。金網などの小道具も用意されています。

小さい子向けの木のおもちゃなども色々あります。

平日は毎日スタッフさんによるアート系ワークショップが開催されています。当日30分前から予約できます。

土日祝日はゲストを招いてライブパフォーマンス(クラシック、ポップス、パントマイム、日本舞踊など)が開催されています。
予約はこちらからどうぞ。

<利用時の注意事項>

・利用料金は平日と土日祝日で違います。
平日は大人 1,000円、3歳~12歳 1,500円、3歳未満 1,000円
土日祝日は大人も子どもも2000円、3歳未満 700円

・プレイミュージアムのチケット提示で入場料割引あり(200円引き)

・平日は予約不要で1日入退場自由ですが、土日祝は事前予約が必須かつ2時間入替制です。

・営業時間内でも館内消毒のため全員外に出ないといけない時間帯があるのでご注意ください(12:30-13:00、15:00-15:30)

・ロッカーあり。4桁の暗証番号を登録するタイプです。

・オムツ替えスペースや授乳室もあります。(テントで囲まれてるので分かりづらいかも)

・中に自販機あり。

・トイレは同じフロアにありますが、一時退場が必要です。

TAKEOFF-SITE

おしゃれでクリエイティブなものを扱ってるショップです。紙の器に自由に絵を描くワークショップに参加しました。色々なコロコロスタンプやクレヨンが使えます。

この紙の器がぺったんこの状態で絵を描くのですが、広げたら印象が全然違って面白かったです。

参加費は500円でした。

グリーンスプリングス、ランチはどこで食べる?

グリーンスプリングスでの子連れランチのおすすめは「100本のスプーン」です。

メニュー表が塗り絵になったり、ほぼ全てのメニューがハーフサイズでもオーダーできるので、子どもも満足だと思います。

離乳食、授乳室とおむつ台、ベビーチェアなども用意されていて赤ちゃん連れでも安心して行けます。

サンドイッチショップを併設しており、テイクアウトも可能です。

我が家の今回のランチはその100本のスプーンと迷ったのですが、初出店の店舗に行ってみたかったのでFLOWERS BAKE&ICE CREAMにしました。

花屋&カフェという日比谷花壇の新業態らしいです。内装も花がいっぱいで素敵だったし、料理もキューブ型のパンなど可愛くて子どもたちも喜んでました。

立川グリーンスプリングスの感想

グリーンスプリングスはその名の通り、緑も豊かでおしゃれなスポットでした。全体的に土地が贅沢に使ってあり、広々としてて癒されました。

オープンのタイミングはコロナ真っ最中で良くなかったですが、とても素敵な施設なのでコロナが落ち着けば人出ももっと増えると思います。

ちなみに中は広々としていて現在のところちょうどよい混み具合なので、ソーシャルディスタンスは保てる感じです。

ほとんどの店舗前には消毒液完備、遊び場などは利用前に検温、レストランには紙の抗菌マスクケースなどが置いてあったのでコロナ対策の意識は高いです。

近隣には国営昭和記念公園(道路挟んで向かい)、IKEA(駅からIKEAまでの道をグリーンスプリングスを通って行ける)、ららぽーと立川立飛などもあります。一緒に行ってみてはいかがでしょうか?

遠方の方は、グリーンスプリングスにある高級ホテル、SORANO HOTELに宿泊してもいいかもです。ここには海外の高級ホテルにあるインフィニティプール(プールの外縁が分からないように設計されており、景色との一体感を楽しめる)もあるらしいので、うちもいつか行ってみたいです。