カンドゥーで人気のお仕事ランキング(ベスト3)

職業体験テーマパークのKandu(カンドゥー)で人気のお仕事やおすすめのお仕事をご紹介します。

また、ほぼ全てのお仕事の簡単な解説もしています。

体験内容について少し触れているので、ネタバレが嫌な方は見ないようにお願いします。

カンドゥーで人気のお仕事ランキング

第1位:アイスクリームメーカー

カンドゥーで一番人気のお仕事です。スポンサーはコールド・ストーンで歌いながらアイスを作ります。

アイスやアイスに混ぜるものを選べるのでとても楽しいです。作ったアイスはもらえます。

歌いながらアイスを作るというこのお仕事はコロナ禍ではお休みになるのではと思いましたが、以下のように変更して続行されています。

子どもを2人ずつのグループに分けて、アイスを混ぜる子は歌わない、他の2人は離れた席からマスクをつけたまま歌うという風にする。

役割は交代するのでどちらも体験できます。

第2位:モデル

オンワードがスポンサーです。モデルとして素敵な服を着てランウェイを歩きます。

アクセサリーなどもあるので本格的で可愛いです。

着る服は好きな服が選べますが、他の子と同じ物を選んでしまった場合は話し合いで決めることになります。

このお仕事で撮った写真は雑誌の表紙風にしてもらえるので、とても素敵でついつい買いたくなると思います。

第3位:警察官

小さな子どもにも分かりやすい警察官のお仕事。

衣装もかっこいいし、トランシーバーを持ってカンドゥー内を歩き回れるので楽しいです。

怪しい人を見つけたら警察手帳を見せて職務質問します。

最後は犯人を確保して拘置所に入れる、と設定がかなり凝ってます。

おすすめのお仕事

銀だこ職人

スポンサーは築地銀だこを経営する会社です。

半分ずつ焼いてくっつけるオリジナルの焼き方でたこ焼きを焼きます。

小さい子もやりやすいようにしているそうです。体験中は手袋着用、油避けの透明板もあるので安全面にも配慮されています。

自分で作ったたこ焼きが4個もらえます。たこが大きいので満足感があります。

セキュリティスタッフ

セコムがスポンサーのセキュリティスタッフのお仕事には「緊急対処員」「救急救命士」の2種類があります。

セキュリティスタッフ(=緊急対処員)はカンドゥー内を見まわりしたり、不審者が報告されたら監視カメラをチェックして場所を確かめ、不審者を追い詰めて警察に引き渡します。

お子さんが警察をやりたがったけどできなかった場合、これは似たお仕事なので代わりにやってみてもいいかもしれません。

また、セキュリティスタッフ(救命)の方のお仕事は、救急救命士のようなお仕事です。AEDの使い方、心臓マッサージのやり方が学べてとても実用的です。

カンドゥークライミング

以前は勇者というお仕事でしたが、今はカンドゥークライミングというお仕事になっています。

コースを選んでクライミングをします。

お仕事の名前が変わって身長制限はなくなったようですが、コースはけっこう難しくて上まで登れないお子さんもいるので大きめのお子さんにおすすめのお仕事です。

カフェ店長

その場で飲むコーヒーももらえるし、お土産が豪華(缶入りのコーヒーの粉)なのでおすすめです。

カフェインレスコーヒーが飲めるお子さんはぜひトライしてみてください。

コーヒーはお客さん(親)の好みを選択してその診断結果でブレンドを作るので、人によって味が異なります。

コーヒーは親と子の2杯分もらえます。子ども用はトッピング(マシュマロなど)を色々入れられるので甘くできます。

レンタカークルー

電気自動車の手入れや交通ルールを学び、カンドゥーの外のコースに出て運転します。

外にあるアクティビティなので目につきにくいのか、わりと空いてます。

身長115センチ以上なら大きい車に乗れますが、それ以下の子は小さい子専用の小さな車になります。

結構狭いところで車の向きを変えたり、バックするのは大変そうですが、その分リアルな体験だなと思います。

体験すると顔写真入りの会員証がもらえます。

ヘアスタイリスト

衣装のエプロンが可愛くてヘアケアとヘアアレンジ(くるりんぱのやり方)が学べるので女の子に人気です。

基本は親子で参加し、互いにヘアアレンジをします。

シャンプーセットの試供品(その場で撮影した写真付き)とリボン付きヘアゴムがもらえます。

リボンの色は選べます。

ミルクアレルギーの方は申告してください。

モノレール運転士

シミュレーターを動かすことができます。この手のシミュレーターはよくありますが、モノレールというのは珍しいですよね。

シミュレーターには実際の千葉都市モノレールの路線の映像が使われているのでとても臨場感があります。

途中親も中に入ることができますが、やっているところを見るだけで写真撮影は外からしかできないのでご注意ください。

ダンサー

舞台でダンスを踊ります。

ダンスは一緒に舞台に上がってくれるスタッフさんのお手本を見ながら踊れるので小さなお子さんでも大丈夫です。

ダンスの振り付けにはカンドゥーにあるお仕事の表現(指で丸をつくって「たこやき」など)が取り入れられているので、どの動きがどのお仕事なのか想像しながら見ると楽しいです。

その他のお仕事のご紹介

・「キャスター」や「ユーチューバー」も人気です。体験人数が少ないのでやりたいなら早めに予約してください。

キャスターやユーチューバーはYouTubeのカンドゥーの専用チャンネル上にアップされるので親の同意書が必要な点ご注意ください。

・「ディレクター・アナウンサー」はラジオのお仕事です。生放送に挑戦します。

・「キャビンアテンダント」や「パイロット」も安定の人気アクティビティです。制服が可愛いので写真購入率が高いです。

・「魔法使い」は魔法使いになって「ねるねるねるね」を作ります。魔法使いの衣装(特に帽子)が可愛いです。

・「消防士」は消防士の仕事内容を学び、バーチャルで消火訓練を体験できます。

・「助産師」は新生児室で、生まれたばかりの赤ちゃんのお世話をします。

・「弁護士」は舞台で裁判を行います。開催回数が少ないのでやりたい場合は早めに予約してください。

・「銀行員」は短いお仕事です。これをやるとお仕事予約カードがラミネート加工され、お金を預けることができるようになります。

・「歯科医/歯科衛生士」は歯のケア方法を学び、患者さん(人形)の虫歯を治療します。

・「科学者」では簡単な科学実験をします。この文章を書いている今は「ペーパークロマトグラフィー」というものです。

・「ロボットエンジニア」はプログラミングが体験できます。ソフトバンクがスポンサーなのでPepperを動かします。

・「スペースセンタークルー」はJAXAが全面協力の本格派。ロケットを国際宇宙ステーションに打ち上げます。

・「レーシングドライバー」はシミュレーターでレーシングカーの運転が楽しめます。

「JAFジャフロードサービス隊員」は車のトラブルで困っている人を助けに行きます。

・「トラベルアドバイザー」は日本旅行がスポンサーです。トラベルアドバイザーとなってカンドゥー内を冒険します。

・「ちきゅうまもり隊」は地球環境について学ぶことができます。内容は硬そうですが、大画面でゲームをやるので楽しいです。

・「おしごとアドバイザー」では質問に答えていくと自分に合ったお仕事(アクティビティ)を紹介してもらえます。

ここで紹介してもらったお仕事を実際にやると就職祝いとしてお金(カッチン)がもらえる仕組みが面白いです。


こちらでご紹介している情報は2021年4月現在のものです。たまにお仕事内容が変わったり、仕事が変わったりするので訪問前には公式サイトの情報もチェックしてください。

今体験できるカンドゥーのアクティビティは公式サイトのアクティビティ一覧に載っています。