カンドゥーの口コミ(初心者向けガイド・攻略法)

今回は、幕張にある仕事体験テーマパーク、カンドゥー(Kandu)についてまとめます。

カンドゥーはキッザニアのようなガイドブックが出ていないので、この記事がその代わりになるようにできるだけ詳しく書きたいと思います。

カンドゥーって何?

小さい街のようなテーマパークで、色々なお仕事を本格的なコスチュームを着て体験できるところです。

体験が終わるとオリジナル通貨がもらえ、それを使ってショップで買い物をすることもできます。

体験ができるのは3歳からです。

キッザニアを知っている人は、似たような物だと思ってください。
キッザニアより新しく、オープンは2013年12月です。

カンドゥーの基本情報

営業時間

第1部か第2部のどちらかを選んで予約します

第1部が10:00~14:30
第2部が15:30~20:00

入場料金

子ども(3歳から15歳)は繁忙期とそれ以外で料金が異なります。

子どもはハイシーズン3900円、ローシーズン3200円
大人は常に2500円
シニア(55歳以上)は常に1000円

中で使える500円の金券がもらえるので、チケット代はどれも実質-500円です。

カンドゥーへのアクセス

イオンモール幕張新都心 ファミリーモール3階
このイオンモールへは、海浜幕張駅からバスで7分です。
※駅近くに別のイオンもあるのでご注意ください。

<バスで行く方へご注意>

・海浜幕張駅からのバスはICカードを使うと165円のところ、現金で乗れば100円になります。

・このイオンモールにはバス停がいくつもあるので、「ファミリーモール」で下車してください。

カンドゥーの遊び方

チケットの予約・購入方法

チケットは公式サイトからのウェブ予約がおすすめです

(公式のチケット予約サイトはこちら→カンドゥーWebチケット)予約できるのは前日20時までです。

早く予約すればその分早い整理券が発行され、早い時間に入場できます。ただし、開始時間よりもだいぶ早い時間に行くことになります。

じゃらんなどで予約するとチケットが安い価格で購入できますが、普通にウェブ予約した人より入場が遅くなります。

〈当日券の買い方〉
当日券を買う場合、9時以降に0570-085-117に電話してチケットがどの程度余ってるか聞いてください。

買えるのは朝10時以降、現地です。10時より前に到着しても案内があるまで並ぶ場所はないので、トイレの前あたりで待機しておいてください。

※入口の横で待機している人が多いですが、列の後ろに並ぶことになるので出遅れます。

当日の入場について

発行された整理番号により集合時間(入場の受付をしてもらえる順番)が異なります。
例えば一番早いA・Bだと「その部が開始される45分も前」に集合になります。その時間に遅れても大丈夫ですが、入場が遅くなって仕事の予約に不利になってしまいます。

まずは荷物検査を受けてから列に並び、受付で入場手続きをします。
※予約していても列に並ぶ必要があります。

入場時にもらえるもの

・仕事予約に使うカード
・1人につき500円分の金券
・オリジナル通貨10000カッチン
・スタンプカード
・パーク内MAP
など


入場ゲートのところで画面に全員の年齢層と性別などの情報を入力します。

※以前は入場時に「予約カードなどを首から下げて持ち歩くためのホルダー(ストラップ)」が無料で配られていたのですが、それは中の売店でカッチンで購入するようになったと読者の方から情報提供いただきました。ストラップのみ、透明ケースのみ、ストラップと透明ケースのセットの3種類があるそうです。以前のものをお持ちの方はそれも使えるので持参してください。

仕事の予約方法について

入場したらできるだけ早く「予約機」で仕事を予約します。

※予約機は近くの仕事がひとまとめになっていて、パーク内に点在しています。

<予約機の使い方>

やりたい仕事の予約機のところに行く

画面でやりたいお仕事をタッチ

※グレーになっているのはもう全部の回満席で予約できない仕事

予約したい時間をタッチ

カードリーダーに入場時もらったカードのQRコードを当てて券を発行

<お仕事予約のルールなど>

お仕事の予約は複数取れます。
最初の予約票を発行後、一定時間を過ぎたら次の予約が取れるようになります。何時に次の予約が可能になるのかは、直前に取った予約票に書いてあります。

・時間がかぶる仕事は予約機が判断して予約できないようになっています。

お仕事は空きがあれば、予約なしでもその場で入れます

どのお仕事が今どの程度予約で埋まってるのか、予約状況をレストラン近くのモニターで確認できます。

満席になった仕事は人数が0になり、色が薄くなっています。

仕事の始め方について

お仕事の開始時間までに集合し「予約票」と「カード」をスタッフに渡します。

予約なしの場合はカードだけ渡します。

お仕事をするとスタンプカードの該当のところにスタンプがもらえ、お給料のカッチン(だいたい16000)がもらえます。

※仕事は予定時間より早めに終わることが多いです。

大人の仕事体験について

大人も「空きがある場合のみ」仕事が体験できます。(ただし予約はできません)

大人もちゃんと給料がもらえます。

※大人はできない仕事もあります。また、仕事内容が一部子どもと変わることもあります。

ユニフォームはサイズの関係であまり着られませんが、帽子などはかぶらせてもらえることがあります。

カンドゥー内の席について

入場したら1人1席ずっと確保できます。入場時にもらえる「席使用中」の紙をテーブルに置いて確保してください。

写真について

仕事によっては写真を撮ってもらえます。写真は入口を入って左手に掲示されます。

買いたい写真は取ってレジに持って行きます。基本は台紙付きで900円、モデルは大きめのA4サイズで1600円です。パイロットとCAはA5ワイドサイズ+名刺サイズ2枚で1600円です。

※カメラやスマホで展示写真を撮影するのは禁止です

購入した写真はネットで別のグッズを注文することもできます。
「カンドゥーオンラインフォト」で検索してください。

カレンダー、キーホルダー、Tシャツなどにできるようです。

カンドゥーで人気の職業は?

基本的には警察と食べ物系のお仕事が人気のようです。

※ただし、予約の困難さで言えば、キャスターやユーチューバーなどの方が、回数と人数が少ないので、早く入場しないと予約できないかもしれません。

「警察官」は、銀色のカバンを探し、犯人を逮捕します。そのドタバタ劇が楽しいようです。

食べ物の中で一番人気は「アイスクリームメーカー」です。歌いながらアイスにトッピングを混ぜ込む体験ができます。

他にはたこ焼きを作る「銀だこ職人」や、カップスープを作る「スープシェフ」なども人気です。

※スープシェフはなくなってしまったそうです。

※銀だこは親の手伝いが必要です。

可愛い服が着られる「モデル」や「パイロット」「キャビンアテンダント」も人気です。

ピザ作り体験も人気ですが、予約不要でお金を払って席で作るものなので、普通のお仕事とは違います

他に個人的におすすめなお仕事は、

「魔法使い」…可愛い衣装でねるねるねるねを作ります。衣装はピンクと水色と紫から選べます。

「科学者」…好きな色水とポリマーの粉を混ぜて、ぷるぷるした芳香剤を作ります。

「アナウンサー」…その場でラジオ放送し、それを収録したCDをもらえます。
※フルネームを名乗るので、それが嫌な方はご注意ください。

「店長」…トッピングを入れたカフェインレスコーヒーを作ります。親も1杯もらえます。お土産は缶に入ったコーヒーの粉です。
※コーヒーの味が大丈夫なお子さんならおすすめです

「ダンサー」…ステージでダンスが披露できます。特に最後の回が目立てておすすめです。

その他のお仕事や体験については、公式サイトのアクティビティ一覧をご覧ください。

仕事は1回でいくつくらいできる?

うちは大体毎回6個くらいやっています。
でも

・混み具合

・人気の仕事(警察やアイス)を狙うかどうか

・時間のかかる仕事を選ぶかどうか

・食事にどれだけ時間をかけるか

によっても変わってきますので、参考程度にしてください。

あまり体験できなかったなという時は、空き時間にマジックを見たり、フェイスペイントや工作などをすると満足感が高まると思います。

カンドゥーは混雑してる?

カンドゥーは基本的にはそれほど混雑していません。
特に、平日第2部ならゆったり体験できます。

ただし、休日第1部はけっこう混み合います。

また、平日第1部は団体が入ると混みます。

空き時間の効率的な過ごし方

次のお仕事の開始までにちょっと時間がある場合、以下のようなことをすると有意義に過ごせます。

「おしごとライター」

わくわくおしごとはっけんセンターに行けば、予約なしですぐできます。
自分が体験したお仕事の紹介文を書くだけで5000カッチンもらえます。

※同じ場所でやる「おしごとアドバイザー」の仕事は予約が必要なのでご注意ください。


「ピザ作り」

現金を1000円払ってキットを受け取って自分の席で生地を伸ばしてトッピングをし、焼いてもらったものを食べられます。

所要時間30分程度。
チーズの会社(QBB)の提供なので、トッピングに色々なチーズが選べます。

※支払いには入場時にもらう金券も使えます


「工作をする」

30000カッチン支払って、缶バッジ作りなどができます。

他にも期間限定のワークショップがあります。


「ネイルかフェイスペイント」

5000カッチン支払って、ネイルやフェイスペイントができます。
所要時間は5分程度ですが、その後乾かす時間も必要です。

どちらも簡単にペリペリはがせるので、気軽に受けられます。
ペイントは腕にしてもらうこともできます。

※フェイスペイントをする際、髪につかないようにするため、女の子は髪を結んでいくかヘアゴムを持参すると良いです。


「マジックを見る」

少ない人数でテーブルマジックを見せてもらえます。
所要時間は10分から15分程度。
1人につき1000カッチン支払います。
家族で見るのがおすすめです。


「お土産物屋に行く」

2種類のお土産物屋さんがあります。

その1:普通のお金を使うお土産物屋「KANDU SHOP」


↑体験でやってもらえるネイルもペイントの絵の具もここで売っています。

その2:オリジナル通貨が使える「カッチンショップ」


↑20000~30000カッチンくらいから、駄菓子屋にあるようなちょっとしたおもちゃに交換できます。
カッチンショップは最初は開いてなくて、第1部は11時から、第2部は16時半からオープンします。


「食事をする」

食事は中央にあるレストランのカウンターに注文に行きます。
並ぶ時があるし、すぐには受け取れない(呼び出し機器をもらって待つ)ので、かなり時間の余裕がある時にしてください。

レストランのメニューには
ピザ(1078円)、パスタ(1078円)、カレーライス(お子様539円~、大人755円~)
その他写真のようなメニューがあります。ファミレスって感じのメニューです。

カンドゥーの注意事項

・予約機での予約は必ず子どもを連れてやります。大人だけでしてはいけません。

・2歳以下は入場料がいらない代わりに何も体験できませんが、2歳以下のお子さんが遊べる小さいコーナーがあります。

パークの一番奥の方に授乳室があります。その近くの男女トイレにおむつ交換台があります。その近くと入り口近くにある「みんなのトイレ」にもおむつ交換台があります。
インフォメーション(JAFロードサービスの横にある)には粉ミルクと離乳食があります。

・飲食物は持ち込めません(アレルギーの除去食は受付で申し出れば持ち込めます。食べ物のお仕事にはアレルギー表示がありますが、レストランのメニューにはアレルギー表示がないので、アレルギーのある方が中で食事をしたい場合は持ち込んでください)

・子どもは一度中に入ると一時退場できません。

・その部が終了する30分前からは入退場(一時退場も)できません。

・ユーチューブに子どもの動画がアップされるお仕事があります。親の同意書が必要になります。

・お仕事をしたらもらえるカンドゥー内の通貨カッチンは、体験の料金を支払ったりカッチンショップでのお買い物に使えますが、普通のお土産物屋とレストランでは使えません。

・シニアがウェブ予約をする場合、いったん大人料金で予約して、差額は入場時に証明書を見せて返金してもらいます。

・お仕事は時々入れ替わります。例えば新聞記者などがなくなりました。メガネが作れる「めがね士」のお仕事は2018年12月いっぱいらしいです。

・子どもの仕事が始まったら親は少しの時間ならその場を離れても大丈夫ですが、体験中たまに親の手を借りることがあるので、できるだけいた方が安心です。CAやおしごとはっけんセンターやカフェ店長(コーヒー)は親がお客役をやります。アイスや、魔法使いのお仕事で作る「ねるねるねるね」は親が受け取ります。

・親がお仕事ブースの中に入れる仕事もありますが、中で写真は撮れませんのでご注意ください。
例えばCAやパイロットは機内に入れますが、中で写真・動画撮影はできません。

・オリジナル通貨が余ったら、銀行に預けることもできますが、預けられるのは銀行の仕事をした人のみです。

・帽子をかぶる仕事は、衛生面を気にする人もいるので毎回かぶるかどうか親に確認されます。
気になる方は、インフォメーション(JAFロードサービスの横にある)で使い捨てのヘアキャップがもらえるようです。

・仕事体験スタンプカード(やった体験に押してもらえる)は20個貯まるとグッズのプレゼントがあるのですが、よく押し忘れられるので、ちゃんと押してあるかチェックしてください。

カンドゥー攻略法

入場時に1人500円分もらえる金券は当日しか使えません。使い忘れのないように早めに使ってください。レストラン、土産、写真の購入などで使えます。

・予約機の場所がバラけているので、やりたい仕事を変更する時は、できれば近くの仕事(同じ予約機で予約できるもの)に変えた方が良いです。

・トイレの場所は2箇所です。

1つ目は、入口入って右手(=スペースセンターやJAFロードサービスのところ)

2つ目は、パークの一番奥(=カッチンショップの隣)です。

・友達同士やきょうだいで行ってもできれば単独行動してください。残り1枠の時に予約できないと効率が悪くなります。

・荷物は席に置いておくこともできますが、高いコートなどを着ていく場合は、カンドゥーに入る前、トイレ近くのコインロッカーに預けることをおすすめします。そんなに高くなくて、大きいロッカーでも300円です。

・中で飲み物を飲みたいならドリンクバーが323円なのですが、水なら無料です。水はパークの中央、レストランの食器などが置いてあるところにあります。

・混雑している日に行く場合は、お仕事予約を使いこなすことが大事です。お仕事に入る前に、次の仕事が予約可能な時間になっていたら、できるだけ予約を取っておくことをおすすめします。

また、最後の方の回はほとんど予約で埋まってしまうので、早めに予約を取ることをおすすめします。

・予約をキャンセルしたい時はエントランスに行ってください

・小さいお子さんは、体験時間の短い仕事から挑戦してみてください。
空いている日であれば、人気のない仕事を親と一緒に体験するのを狙っても良いと思います。

カンドゥーに関する豆知識

・ドラゴンみたいなオリジナルキャラは「イゴー」

・カンドゥーの絵本が売られている。「カンドゥーのひみつ 隠された不思議な物語」というタイトルで1404円
エントランスで購入できる

・カンドゥー内のレストランだけ利用することもできる。その場合入場無料

・子どもに分かりやすくするため、予約機には「なし」「もも」など果物の名前がついている

・芸人の「ひょっこりはん」は以前カンドゥーで働いていた

<カンドゥー用語辞典>

カッチン=仕事をしたらもらえるオリジナルの紙幣

カッチンショップ=カッチンでお買い物できるお店

カンドゥーショップ=現金を使うお土産物屋さん

アクティビティ=お仕事や工作などの体験を指す

べニュー=開催場所

トドラーエリア=3歳以下の子どもが遊べる場所

感想

カンドゥーはとても楽しい場所でした。
他のテーマパークと比較して狭いですが、その分疲れないし、屋内型で天候も気にならなくて良かったです。

楽しいだけではなく、勉強にもなりました。
係の方がしゃべるのは幼児には少し速いと感じましたが、科学者や救急救命士などで習った知識は今後も役立つと思います。

パーク内の雰囲気も良かったです。いろんなテーマの座席があるのが楽しかったです。インスタ映えもするんじゃないでしょうか。

シニアは入場料が安くてお得なので、今度はおばあちゃんと行きたいと思います。

<お願い>
※カンドゥーのお仕事やシステムは定期的に変わるので、訪問された際は今回の記事と変わっている点があるかもしれません。最新情報はカンドゥー公式サイトでチェックしていってください。

追記:出張カンドゥーについて

2019年の夏休み期間中、吉祥寺のショッピングモール「コピス吉祥寺」でカンドゥーのお仕事が一部体験できる「出張カンドゥー」イベントがありました。

出張カンドゥーは実際のお仕事体験とは異なる部分もありますが、1回300円で体験できるので気軽で良いです。そのショッピングセンターの会員だと割引もあります。

2019年9月28日(土)・9月29日(日)にはイオンモール高岡で「魔法使い」と「歯科医師」の出張カンドゥー体験ができるそうです。

出張カンドゥーの日程については公式サイトの「出張カンドゥー」の項目で確認できます。