国語(ひらがな・カタカナ)

幼児と楽しくお勉強

うちの子が2歳でひらがなが書けるようになった方法

うちの子は2歳6か月でほぼすべてのひらがなが書けるようになりました。(※日によってあるいは集中度合いによって、普段書けるひらがなも書けなくなっていましたが) 下の写真は2歳7か月の時に本人が何もお手本を見ずに書いた『あいうえお表』です...
幼児と楽しくお勉強

1歳でひらがなが読めるようになるコツ―具体的な教え方―

うちの子にひらがなを教え始めたのは1歳3か月です。まずは日常の中で「あ」と「ん」を教えました。この文字を選んだのは、この頃発音できる数少ない音だったからです。 何回か教えているうちに、「あ」と「ん」はすんなり覚えました。この頃いろんな...
幼児と楽しくお勉強

お勉強に役立つ!?「言葉に関する雑学」

以前、『お勉強に役立つ!?雑学いろいろ』という記事を書きましたが、今回はその続編として「言葉に関する雑学」を集めました。 外国語に関する雑学 イタリア語・スペイン語・ギリシャ語では食堂のことを「タベルナ」と言う その意味で...
幼児と楽しくお勉強

百人一首の覚え方・女の子にお薦めの百人一首本!

もうすぐお正月! 個人的に、お正月に取り組みたい知育ナンバーワンは百人一首です。 百人一首は教養としても良いし、子どもに覚えさせると将来古文が得意になりそうだなと思います。 しかし、昔の言葉で書かれた歌を百首も覚えるのはなかなか大...
幼児と楽しくお勉強

うちの子が4歳で漢字検定10級に合格した秘訣

うちの下の子は4歳で漢字検定10級に合格しました。 (ちなみに上の子は5歳で合格しました) 今回の記事では低年齢での漢字検定10級合格の秘訣をご紹介します。 漢字検定10級に関する疑問 漢字検定10級ってどんな問題が出るの?...
幼児と楽しくお勉強

第二子のひらがな教育苦戦中!新しく導入したひらがなおもちゃ

第二子のひらがな教育に苦戦中 うちの上の子は1歳半でほとんどのひらがなが読めるようになりました。 その時のノウハウ(教えた方法)をまとめた記事は、今でもたくさんの方に読んでいただいています。 関連記事 『1歳でひらがなが...
幼児と楽しくお勉強

楽しく「カタカナのなぞり書き」できるかな

楽しくカタカナのなぞり書き ひらがなのなぞり書きは進んでやっていたうちの子ですが、ひらがなを習得した時点でなぞり書きブームが去り、カタカナのなぞり書きには興味を示しませんでした。 ひらがなのなぞり書きについてはこちらの記...
幼児と楽しくお勉強

幼児に童話を教える3つの方法

はじめに うちでは2歳の頃から子どもに世界の童話・日本の昔話の内容を教えています。 教えようと思ったきっかけは、幼児向けのドリルに、名作のあらすじを知らないと解けない問題が出てきたからです。 しかし、童話の本そのものを読み...
幼児と楽しくお勉強

かぜさぶろう先生方式!ひらがなカタカナの「書き」

下の子の文字書き練習 現在3歳の下の子は、2歳代の後半から文字書きに興味を示すようになりました。 上の子の真似をして自由帳に「これは〇〇の名前なの」と適当な落書きをしていたので、まずは本人の名前のひらがなの書き方だけ教えました。...
幼児と楽しくお勉強

楽しく漢字を勉強する方法!5歳で漢検9級受検

5歳の上の子は今、今月受検する漢字検定9級の合格目指して勉強中です。 漢字検定ってどんな試験? 級は10級~1級までで、10級は小1の学習漢字から出題されます。 以下、9級が小2、8級が小3、7級が小4…という感じ(漢...
幼児と楽しくお勉強

幼児の言葉を伸ばすコツ―お子さんの言葉が遅いとお悩みのママ必見

赤ちゃんの言葉の発達を促すには、興味に合わせた適切な言葉がけをたくさんしていくことが大切です。 温かい「言葉のシャワー」をかけてあげたり、気持ちのいい「言葉のお風呂」に入れてあげるという気持ちで接すると良いようです。 とはいえ、...
幼児と楽しくお勉強

1歳でひらがなが読めるようになるコツ―読めるようになった経緯―

ひらがなを早く覚えさせるコツ、どうやって教えるか? うちの子は 1歳半で「ひらがな50音」 ↓ 1歳9か月で「カタカナ50音」 ↓ 1歳代の最後で「アルファベットの大文字」を読めるようになり、 ↓ 2歳前後で「半濁音...